ブログ

外壁塗装の相見積もりはなぜ必要?初めての依頼でもこれで安心!

お役立ちコラム

「新築時と比べて外壁塗装の劣化が気になってきた」「外壁のひび割れが気になる」などのお悩みはございませんか? 外壁は常に雨風にさらされているため、定期的なメンテナンスが必要な上に、台風などで損傷し修理が必要になるケースもあります。

また住んでいる地域によっても外壁の傷み方は左右されます。外壁が気になりだした時にどう行動すればいいか、初めて外壁塗装のメンテナンスを依頼する方にとっては少しハードルが高く感じるかもしれません。しかししっかりポイントを押さえておけば、初めての依頼でも、外壁塗装についての知識がなくても心配はありません。今回はそんな外壁塗装のメンテナンスのタイミングと、業者選びで失敗しないための相見積もりのとり方についてご紹介します。

外壁塗装を依頼するタイミングっていつ?

外壁塗装のメンテナンスのタイミングは、一般的には10年といわれています。しかしそれは全体的に見た期間であり、外壁の種類や状態によっては10年より早まる場合もあります。そのため必ずしも10年ごとにしなければならないというわけではありません。ではどんな時に依頼を検討するべきなのでしょうか。それは外壁の状態を直接見てければどなたでも簡単に判断していただけます。外壁塗装のメンテナンスが必要なサインは、外壁に空気が入り込み水膨れのようになっている「ふくれ」、外壁の性能が落ちたことにより雨が上手く流れず黒い跡となって残っていしまっている「雨だれ」、外壁についた「コケ・カビ」、外壁に触れると塗装が剥がれ手に白い粉がつく「チョーキング」などがあげられます。見て分かる部分ですので知識がなくても問題ありません。これらのサインが出ている外壁はメンテナンスが必要な外壁のサインとなりますので、天気のいい日に外に出て確認してみてくださいね。

外壁塗装の相見積もりをおすすめする理由

いざ外壁塗装のメンテナンスを依頼しようとなっても、今度は「どの業者に依頼すればいいの?」と悩んでしまいますよね。今は新聞チラシなどの他に、インターネットでも簡単に業者を調べることができ便利な反面、選べる範囲が広いからこそ業者選びで困ってしまう方も多いです。そのため特に金額が大きくなりがちな外壁塗装の工事依頼は、少なくとも2~3社に相見積もりをおすすめしています。そうすることで行いたいメンテナンスに対して相場が分かり、複数社を比べることで高額すぎたり不必要な工事の契約を避けることができます。

外壁塗装のイメージは「なんとなく」ではダメ!

外壁塗装の依頼をする際には、具体的なイメージと修理の要望を伝えるようにしましょう。「きれいになればいい」など具体性がない場合、相見積もりを複数社に依頼したとしてもそれぞれの業者の「きれい」な状態の解釈が違い、提案された工事内容も違うなどといったことが起きやすく、せっかくの相見積もりも基準が違うために比べることが難しくなります。そのため相見積もりを依頼する際には以下の内容を統一するようにして、どの業者にも同じ内容で見積もりを依頼するとお客様から見ても内容を比べやすく、金額の相場もつかみやすくなります。

①自宅の築年数を把握しているか

外壁塗装のメンテナンスで大切なのが「自宅の築年数」です。築年数を把握していることでメンテナンスの時期の予測をつけることができ、また外壁以外にも同時にメンテナンスをする必要がある箇所があれば業者から教えてもらうこともできます。外壁塗装などでは材料費の他に高所で作業するため足場代などがかかることが多く、屋根などのメンテナンスと時期を合わせることでそれぞれに行うより一回の足場代で済むため安く済ませることができるのです。そのため今後のメンテナンスのことなども考え、自宅の築年数をしっかり把握しておくことはとても大切です。以前のメンテナンス報告書や自宅の図面などがあればそれらも業者依頼時に渡すようにしましょう。

②正確なイメージをもっているか

業者に対してメンテナンス後のイメージをしっかり伝えることはとても大切です。具体的には「塗装後の色」「修理してほしい箇所・範囲」「予算」などです。塗装の色などは多くの種類があるため、例えば「ベージュ色にしたい」と伝えても、ベージュ色にもたくさんの種類があります。曖昧な伝え方をしてしまうと業者と依頼側のイメージの相違が発生しやすくなります。そのため具体的にイメージしている色の外壁の写真を見せながら「この色にしたい」などと業者に伝えるのがいいですよ。色を決める際には業者からカラー見本を見せてもらえますが、手元の小さな見本だけで判断してしまうのは危険です。光の反射などでカラー見本とは違う仕上がりになることが多いため、こういったことを防ぐために家全体の写真を見せて「この色にするならどの色を塗装するべきか」と聞くようにしてみてくださいね。修理したい箇所・範囲や予算についても具体的なイメージや数字があった方がより依頼がスムーズに進みます。

③なにを最優先にしているか

誰でも「低予算でいい品質のものを使いたい」と思うものですが、できることには限界があります。そのためどちらかを選ばなくてはならない場面があった場合、「見た目を重視するか」「予算を重視するか」を予め決めておくとスムーズです。どちらを優先するべきか分からないという場合は、どの程度の品質のものが一番選ばれているか、同じ規模の外壁塗装では平均どのくらいの金額がかかるかを直接業者に聞いてみるのもおすすめですよ。

外壁塗装の相見積もりでの注意点

外壁塗装の相見積もりで失敗しないために注意して確認していただきたい部分を解説していきます。まず1社目から見積書をもらったら、2社目からは見積もりの内容を1社目に可能な限りそろえてもらうようにしましょう。そうすることで見積もりを比べやすくなり、不要な工事が含まれていないかなどの確認も一目で分かります。業者によって見積もりの表記の仕方が違う場合があるため、もしよく分からない言葉があればその場で質問するようにしましょう。

①塗料の種類とグレード

塗料の種類とグレードによって仕上がりが変わるのはもちろんのこと、見積もりの金額にも大きな差が出てしまいます。そのためこの項目は見積もりを依頼する全ての業者にそろえてもらうよう伝えましょう。業者によって扱う塗料が違うなどの可能性はありますが、その場合は出来る限り金額とグレードが近いものを選んでもらうように伝えましょう。塗料などは業者によってより安く入手できるルートを確保している場合もあるため、比べることでより安く施工してくれる業者を探すことができます。

②塗装面積と塗装回数

塗装面積は業者の測定方法などにより多少のずれはあるものの、基本的には同じ建物を測定しているので大きな誤差はでません。そのためそれぞれの見積もりの塗装面積を比べ、明らかに面積が増えていないかの確認をしましょう。塗装回数は使っている塗料の種類などにより異なる場合もありますが、基本は下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りです。塗りの回数、塗りに対する平米単価数を確認し見比べてみましょう。過度に安い、または高すぎるなどの場合は注意が必要です。安すぎると塗料が品質を保つのに必要な分量以下だったり、高すぎると過剰な利益を上乗せした請求をされているなどの可能性があります。

③工事期間と作業人数

他の業者に比べて工事期間が長すぎる、作業人数が多すぎるなどの場合は注意が必要です。工事期間が長くなればそれに伴う人件費なども増えてしまい、コストがかさんでしまいます。また他の業者より人数が多いということもその分人件費が増えることにつながり、こちらも必要のないコストがかかってしまっている可能性があります。ただし災害やメーカーの事情(海外からの輸入状況や資源不足)などが影響している場合もあり、業者じゃなければ分からない情報なども中にはあります。そのため工事期間に疑問を感じたら遅くなる原因をまず聞いてみましょう。

まとめ

今回は外壁塗装の相見積もりについて、依頼するタイミングや失敗しないためのポイントをいくつか解説してきました。いかがだったでしょうか。台風が多い夏の時期は、特に外壁塗装の依頼が増える時期でもあります。普段からどの業者がいいか調べておくのもいいかもしれませんね。イーライフでは経験豊富なアドバイザーが、専門的なこともわかりやすくご説明します。パックプランをご用意しているので、追加料金が発生する心配もありません。もし他社の見積もりがあればご持参ください。当社との見積もりの見比べやご相談にも対応可能ですので、是非お気軽にご連絡ください。