ブログ

外壁にクラックが発生する原因とは? 見つけた場合どうすればいい?

お役立ちコラム

私たちの住まいを守ってくれる外壁ですが、定期的なメンテナンスを行わずにいるとどんどん劣化していってしまいます。劣化のサインとしてはチョーキング現象やコケなどの汚れの発生、雨だれ跡などさまざまなサインがありますが、一番見た時にビックリするのが「クラック(ひび割れ)」ではないかと思います。このクラックですが「今現在何もないから大丈夫」と意外にも放置してしまう方が多く、住まいに影響が出ていると気付いた時には既に大規模な修繕が必要になってしまっていた、なんてこともよくあります。今回はクラックが発生する原因やその種類について解説していき、万が一クラックを派遣してしまった場合にとるべき行動についてもご紹介していきますので是非最後までご覧下さい。

クラックの種類&発生原因

外壁のクラックは見ただけですぐに分かります。クラックを見つけるために特別な技術や経験は必要ありません。しかし建物の低い部分にできたクラックは近くでよく観察することもできますが、建物の高い部分にできたクラックは下からは分かりにくいものもあります。そのため住宅の外壁のクラックを確認する時は少し離れた場所から確認するようにしましょう。そうすることで建物の高い部分のクラックも観察することができ、異変に気付きやすくなります。またここからはクラックの種類と、なぜ発生してしまうかの原因について解説していきます。自宅の外壁にクラックがある方は、自宅の外壁がどのような状態のクラックなのかよく観察してみましょう。

①ヘアークラック

ヘアークラックとは幅03㎜以下、深さ4㎜以下のひび割れのことをいいます。名前の通り見た目が髪の毛のように細長いひび割れに見えます。このクラックはコンクリートやモルタルを使われた外壁が天候の影響で乾燥し、収縮したり膨張したりを繰り返すことが原因で発生します。このような状態になるのは経年劣化が原因とされていますが、新築あるいはメンテナンスをしたばかりなのにクラックを生じてしまったという場合は施工不良の可能性が高いです。このヘアークラックは症状の中ではそこまで緊急性が高くありませんが、放置することによりクラックが外壁の深層部まで届いてしまっている場合は要注意です。雨漏りや害虫などの被害を出す危険性があります。ヘアークラック自体は軽度であれば塗装で重ね塗りをしてしまえば補修ができるため、見つけたら早期段階で対策をとると後程大きな被害にならずに済みます。

②構造クラック

構造クラックとは建物の構造(基礎や壁など)そのものにできたひび割れをいいます。構造クラックは建物の構造的な欠陥、設計・施工不良、建物の不同沈下、地震などにより引き起こされます。建物の構造部分にクラックが生じた場合、雨漏りや害虫などの被害の他に、建物が傾いてしまった時には安全性に関わることもあります。そのため構造クラックが生じた際には原因の究明と早急なメンテナンスを行う必要があります。構造クラックはヘアークラックとは違って表面の塗装だけでは修理することができず、ひび割れ部分にしっかりとコーキング剤を充填させるなどの処置をとる必要があります。

③開口クラック

開口クラックとは建物の窓や扉部分などの開口部に発生するクラックのことをいいます。開口部分は上下左右に負荷がかかる部分ですので、地震などの揺れや建物のゆがみなどで特にクラックが入りやすい部分です。放置してしまうとクラックから室内の開口部分への雨漏りなどの原因になってしまいます。軽度であれば様子を見るなどの対応でも問題はありませんが、雨が降るとクラック部分が雨水の通り道となるため常に雨漏りのリスクがあります。そのためクラックが大きくなる前に余裕を持ってメンテナンスを依頼するようにしましょう。

④縁切れクラック

縁切れクラックとは外壁に使用するモルタルなどの継ぎ目に発生するクラックのことをいいます。基本は繋ぎ目が生じないように一度で仕上げるものですが、中断しなければならない事情が発生した際は一度で仕上げることができず、塗装に繋ぎ目が発生してしまいます。この繋ぎ目部分を縁と呼び、この部分から建物の揺れやゆがみによってクラックが発生します。縁切れクラックは塗装を一度で済ませることで防ぐことができますが、できなかった場合は繋ぎ目部分からクラックが発生しやすいため定期的に確認し気付いたらメンテナンスを依頼することで被害が拡大する前に防ぐことができます。

クラックを発見したらプロの業者に依頼を!

クラックについて調べると、3㎜以下のヘアークラック程度のひび割れであれば様子見でもOKとしている業者も多く、全てがすぐに修理が必要というわけでもありません。しかしクラックが生じているということはその部分にクラックを引き起こしてしまう何らかの原因があるため、そのまま放置してしまうとさまざまな二次被害をもたらしてしまいます。クラックの種類の部分でも触れていますが、クラックを放置することで雨漏り、害虫被害、コケなどの汚れ、カビの発生などを引き起こす可能性があります。雨漏りが室内側に浸食してしまうとカビが発生してしまう可能性が高まり、更にそのカビを人間が吸い込んでしまうことでアレルギー性の肺炎など健康被害も懸念されます。また雨漏りや害虫被害は建物自体に大きなダメージとなるため、被害が発生した場所によっては住み続けるのが危険な状態にさらされてしまうこともあります。クラックも同様に建物の構造部分に発生することで建物内部の安全性が保てず、最悪の場合メンテナンスでは対応しきれないこともあります。そのため安易に自己判断はせず、クラックが発生した場合はまずはプロの業者に相談するようにしましょう。余裕を持って業者に連絡することで必要な工事や見積金額など冷静に判断することができるというのも、早期段階で連絡するメリットです。

クラックを予防することはできる?

できれば外壁にが生じる前に予防をしたいものですよね。外壁にはクラックを生じる前にいくつかのサインが出始めます。そのサインを見逃さなければクラックが入る前にメンテナンスを行うこともでき、建物をより長く安全に保つことができます。外壁の劣化サインには「チョーキング」「雨だれ跡」「カビやコケなどの外壁の汚れ」などがあげられます。チョーキングは外壁を手で触るとチョークのように白い粉がつく現象をいいます。雨だれ跡は文字の通り雨水が流れた跡が黒い汚れとなって浮き出たものです。カビやコケなどの外壁の汚れは環境に左右される部分も大きく、自宅の外壁の中でも日陰・湿度の高い場所などに発生しやすい傾向にあります。これらの劣化サインに共通しているのは「外壁の性能が落ちている」という点です。外壁の性能が落ちているということは、本来の性能が十分に発揮されていない状態で雨漏りがしやすくなっているなどの可能性が高いです。またこういった性能の低下によりクラックを生じやすい状況になっていたり、既にあるクラックの状態を悪くさせてしまう要因になります。そのためこれら外壁の劣化サインを見つけた場合、外壁の性能を回復させるためにメンテナンスを依頼し、二次被害を発生させないようにすることが大切です。

あわせて読みたい記事!
外壁の劣化を放置するとどうなる? 劣化のサインは自分で分かる?
https://www.elife-home.net/column/rekka/.html

まとめ

イーライフでは経験豊富なアドバイザーが、専門的なこともわかりやすくご説明します。パックプランをご用意しているので、追加料金が発生する心配もありません。もし他社の見積もりがあればご持参ください。当社との見積もりの見比べやご相談にも対応可能ですので、是非お気軽にご連絡ください。