ブログ

天井のカビは雨漏りが原因かも? 夏は特に要注意! 放置すると危険な雨漏り被害

お役立ちコラム

ふと天井を見上げたら、天井がシミになっていた。そんなちょっとしたきっかけから天井の雨漏り被害に気付くことがほとんどだと思いますが、気付いた時には既に天井の雨漏り被害が拡大してしまっていることが多いです。今回はそんな天井の雨漏り被害にどんな危険性が隠れているか、また見つけた時の対処法をご紹介していきます。特に雨漏り被害は蒸し暑い気温が続くこれからの時期は要注意です。是非最後までご覧ください。

天井のシミ、放置すると何が起きる?

天井のシミの原因のほとんどは雨漏り被害によるものです。台風や豪雨などの自然災害が発生した後であれば、雨漏り被害も気付きやすく気を付けることもできます。しかし、じわじわと進行してしまっている雨漏りは気付きにくいことが多く、知らないうちに被害が広範囲に広がってしまっている可能性が高いです。ここでは気付かずに放置されてしまった雨漏り被害がどんな二次被害を引き起こすのかを解説していきます。

①建物が腐敗する

雨漏りは屋根材のひび割れや経年劣化などにより、屋根から室内側に雨水が入り込むことで発生します。一度室内側に浸水を許してしまうと、そこからどんどん浸水が広がっていき、柱や屋根裏などが腐敗していってしまう原因につながります。特に木造住宅の場合、使われている部材の大半が木材であるため水により腐敗がしやすく、一度腐敗した部分から更に腐敗が広がっていってしまいます。そうすることで建物の大切な躯体部分が損傷を受け、地震などの際に崩れやすくなってしまったりと、建物全体がもろくなっていってしまいます。

②シミによりカビが発生する

建物内部に浸水した水は、そのほとんどが壁や天井に落ちていきます。特に天井は面積が広いため水がたまりやすく、雨漏りの影響を受けやすい部分でもあります。大規模な雨漏りをしない限りは少しずつ天井部分に雨水がたまっていき、それが室内側からシミとして見えるようになります。この段階で既に雨漏りは長時間かけてシミになっている可能性が高く、他のシミになっていない部分も見えない所で雨漏り被害が進行しています。

③カビによる健康被害が発生する

天井のシミなど雨漏りに気付いていながらそのまま放置してしまうと、更にカビが繁殖してしまい大変危険です。カビは高温多湿な環境を好み、水気を養分として繁殖していくため天井の雨漏りなどはカビにとって最適の環境になってしまいます。特に時期が夏だと高温多湿になりやすく、カビの繁殖スピードもはやまります。カビは目に見えないほど小さな胞子を空気中に飛ばして繁殖範囲を広げていきますが、この胞子が人間にとっては害になります。胞子を吸い込むことにより過敏性肺炎やシックハウス症候群を引き起こしてしまいます。特に過敏性肺炎は夏型過敏性肺炎とも呼ばれ、カビの増殖しやすい夏に発症する方が多いのも特徴です。主に咳や息切れ、頭痛など風邪のような症状を引き起こします。

④電気系統のトラブルにつながる可能性がある

雨漏りを起こした場所によっては、TVや冷蔵庫などの電化製品を壊してしまったり、コンセントが使えなくなる、漏電してしまうなどの電気系統の被害につながる可能性があります。また知らずに触れてしまい人やペットなどが感電してしまうなどの危険性もあり、大変危険です。雨漏りに気付いたらむやみにコンセントなどを触らないようにしましょう。

天井のシミ・カビ・雨漏りに気付いたらするべきこと

小さなシミやカビだと思っていても、その被害の全体が見えていないだけで実は大きい被害になっている可能性があることや、それにより様々な二次被害につながる可能性があることをお分かりいただけたかと思います。ここではそんな天井のシミやカビ、雨漏りに気付いた時にどのように対処すればいいかを解説していきます。どうすればいいか知っておくことで万が一の際も慌てずに済みます。

①電化製品の避難をする

雨漏りが電化製品の近くである場合、コンセント部分に触れないように電源を抜きまずは電化製品を避難させましょう。冷蔵庫などの場合は一度中身を保冷バックなどに入れてから移動することで、冷蔵庫の中身を守ることができます。電化製品は高額なものも多く生活には欠かせないものですので、気付いた段階で早急に対処するようにしましょう。人手がなく動かすことが難しいなどの場合は無理をせず、近くにある物をできる限り避難させましょう。また家電製品の他に、家具などが近くにある場合も同様です。ソファーなどは雨漏りによってダメージを受けやすいため、可能であれば避難させましょう。

②ぽたぽた雨漏りの時は、バケツとビニールシートで対応する

雨漏りがぽたぽたと目で見て分かるくらい落ちてきている場合は、放置してしまうと床を傷めたり、下階などに影響を及ぼす可能性があります。そのためバケツを用意し直接雨漏りを受け止められるようにしておきましょう。既に濡れてしまった部分はバケツなどを置いた後に丁寧に雑巾で水気を拭き取るようにしてください。また大きな家具などすぐに動かせない部分で雨漏りが発生してしまった場合は、ビニールシートなどを家具に被せ、その上からバケツやバスタオルなどを置くことで家具への被害を防ぎつつ雨漏りを受け止めることができます。ビニールシートがない場合、ゴミ袋などでも対応できます。

③被害状況を確認する

一通り室内の対策が済んだら、今度は被害状況を確認しましょう。雨漏りは一カ所だけとは限りません。一カ所で発生していれば、どこからか浸水していることは確実なためその他の部分でも雨漏りが発生している可能性があります。普段使わない部屋や収納の中など、意外と見落としがちなので注意深く確認するようにし、必要があれば適宜上記のような対処をするようにしましょう。

④プロ業者に連絡する

被害の状況が分かったら、プロの業者に依頼するようにしましょう。どこに連絡したらいいか分からない、という方は是非以下の記事をご覧ください。業者を選ぶコツなどをご紹介しております。雨漏り被害が発生している時は天候が悪いことが多いと思いますが、被害を拡大させないためにと無理に屋根にあがるなどはしないようにしましょう。屋根は濡れると想像する以上に滑りやすく危険です。また天候が悪いことで視界も悪く転落事故などにつながる恐れがあります。慣れている方でも転落してしまうこともありますので、まずは室内側でできる限りの対処をして業者の到着を待つようにしましょう。

あわせて読みたい記事!
雨漏りした時の修理業者の選び方! 悪徳修理業者を見分けるコツとは?
https://www.elife-home.net/column/akutoku/.html

その屋根修理、もしかしたら火災保険が使えるかも?

屋根の修理が必要になった際、知っておくとお得に修理をすることができるかもしれないのが「火災保険」の存在です。火災保険と聞いて屋根修理のイメージがつきにくいかもしれませんが、火災保険が提示する条件に一致すれば雨漏りでの屋根修理が保険適応になる可能性があります。加入している火災保険などにより内容は違ってきますので、ご自宅の屋根修理が火災保険が適応になるかは保険の窓口で確認することをおすすめします。火災保険については他の記事でまとめさせていただいておりますので、修理の契約を結ぶ前に是非ご確認ください。

あわせて読みたい記事!
屋根修理で火災保険が使える! 保険を使ってお得に修理するためには?
https://www.elife-home.net/column/kasaihokenn/.html

まとめ

今回は、天井の雨漏り被害にどんな危険性が隠れているか、また見つけた時の対処法をご紹介をしてきました。いかがだったでしょうか。イーライフでは経験豊富なアドバイザーが、専門的なこともわかりやすくご説明します。パックプランをご用意しているので、追加料金が発生する心配もありません。もし他社の見積もりがあればご持参ください。当社との見積もりの見比べやご相談にも対応可能ですので、是非お気軽にご連絡ください。