ブログ

外壁の雨だれは夏の日差しが原因? 季節の変わり目に検討したいメンテナンス

お役立ちコラム

夏になると日差しが強くなり、普段気にしないという方でも肌の負担を考えて日焼け止めを使う方もいらっしゃると思います。紫外線が肌にシミやしわなどの悪影響をもたらすことは周知の事実ですよね。これは建築物にもいえることで、夏場の強い紫外線は屋根や外壁などを傷める大きな要因となります。しかし意外にも「外壁にも紫外線は負担になる」ということを知らないという方は多いです。雨風から住宅を守ってくれる外壁ですが、紫外線からも私たちを守ってくれているのです。ではそんな夏の紫外線が、具体的に外壁へどんな影響を与えるのでしょうか。

紫外線が外壁に与える影響

新築時きれいだった外壁も、放っておくと時間と共に劣化していきます。建物の劣化の原因は雨風による天候や、日中常に受けている紫外線からの影響を受けているためです。特に紫外線などは目に見えない外壁内部の耐久を徐々に落としていってしまいます。紫外線からダメージを受けた外壁は具体的に、塗装の剥がれや塗装の色褪せといった症状が出ます。また夏は紫外線が強くなるだけではなく、台風や夕立など日本の気候の特性により降水量が増え湿気も多くなります。こういった条件がそろった時に発生しやすいのがこの記事のタイトルにも記載させていただいた「雨だれ」です。雨だれは外壁だけではなく車などにも発生しますが、その原因は雨などが降った後に水分が蒸発し水垢として残ってしまう現象です。水垢といえば蛇口などについている白っぽい汚れのイメージをしやすいかと思いますが、雨水の中には大気中のチリなども含まれ外壁の汚れも一緒に含むため灰色だったり黒っぽい汚れに見えることも多いです。「雨が降っても新築時は綺麗だったのになぜ?」と思われるかもしれませんが、これは雨風や紫外線により外壁の性能が落ちていることにより今まで問題なかった天候の影響なども受けやすくなってしまっているからです。

雨だれってどんなもの? 放置したらどうなるの?

上記で少し触れましたが、雨だれとはその名前の通り雨水が流れた跡のことをいいます。またその雨だれの中身は、大気中や外壁表面の汚れを含んで水垢となったものです。外壁はチリなどの他に排気ガスなどの汚れもつくため、一見白く見える外壁でも実は結構汚れているものです。そのため跡になって外壁表面に残るときには黒っぽい汚れになることが多いです。黒い外壁の場合は逆に汚れが白く見えることもあります。どちらにしても建物の外観美を損ねてしまうため、見た目にもいいものではありません。しかし雨だれ跡は屋根の雨漏りのように「今すぐに修理をしなければならない」というわけでもありません。そのため放置されてしまいがちで、外壁が劣化しているというサインであるということに気付いていない方も多いです。ですが雨だれは放置してしまうことで確実に被害が拡大していってしまいます。

①外観美が損なわれる

雨だれは汚れの一種ですので、当然外観にも影響が出てきてしまいます。特に雨だれの汚れを際立たせてしまう可能性のある白や黒などの外壁の場合は、遠くからでもその汚れが目につきやすく、せっかくのこだわりの家も台無しになってしまいます。汚れが小さなうちは気付きにくい部分ではありますが、雨だれがどんどん拡大されていってしまうと築年数よりも古びて見え、また大きな塊となってこびりつくためしぶとい汚れへと変化していきます。

②外壁の性能が低下する

雨だれが汚れとしてつくということは「外壁の劣化サイン」だとお伝えしましたが、放置することで更にその劣化が早まってしまいます。外壁は建物の内側を守る働きがありますが、外壁の劣化が進むということはこの働きが低下していってしまうということです。その結果、外壁が剥がれてしまったり、クラックと呼ばれるひび割れを発生させてしまったり、害虫被害やカビやコケの繁殖を助長させてしまう可能性が高まります。

③雨漏り被害につながる

外壁の性能が低下していくとクラックなどから建物内部に浸水してしまう「雨漏り」が発生する可能性が高まります。住宅を構成する柱や基礎にとって、雨漏りは建物の安全を脅かすことも十分有りうる重大なトラブルです。また夏場などであれば高温多湿という環境も影響し、カビなどを発生させてしまうこともあります。そうなると更にカビによるアレルギー性肺炎などの健康被害のリスクも考えられます。

雨だれを見つけたらどうすればいい? メンテナンスはどのタイミング?

雨だれがあったからといって、慌てて業者に連絡をする必要はありません。まずは外壁の現在の状況をしっかり確認し、雨だれ以外に何か被害が起きていないかを観察するようにしましょう。外壁だけではなく室内の天井やクロス部分を確認することもおすすめします。例えば収納の中の天井やクロス部分などは、普段じっくり見るような場所ではないため雨漏りやカビがはえていても気付きにくいこともあります。生活をする中で異変を感じていなかったのに雨漏り被害が深刻になっていた、ということの中にはこういった気付かない部分で広がる被害の影響もあります。雨だれは外壁の劣化サインであることに変わりないため、念のためこうした普段見ない場所なども確認しておくようにしましょう。現在の被害状況が分かったら、今度はメンテナンスの時期について検討するようにしましょう。今すぐ修理しなければならないような目立った被害がない場合は、屋根などのメンテナンスと同時期に行うことをおすすめします。屋根や外壁などの高所での作業は基本的に足場が必要になりますが、この足場が一般的な2階建ての住宅でも20万前後と高額です。屋根と外壁を別々に工事するとなると、足場代がそれぞれにかかってしまうため金銭的な面でとても負担になります。そのため高所作業のメンテナンスは同時期に行い足場代を一回の支払いで済ませる、というのが賢いメンテナンスの計画方法です。

外壁のメンテナンスにおすすめな季節は?

外壁のメンテナンス時期は「10年に1度」と推奨されておりますが、メンテナンスをしなければならない季節というものは存在しません。実際のところ、いつ行ってもそこまで大きな差はないからです。しかし既に劣化が進んでしまっている外壁であれば、それは例外です。雨だれ以外にもクラックなど直接的な外壁の劣化が見られた場合は、いつ雨漏りなどの二次被害が発生してもおかしくはない状況です。そのためこういった外壁の場合は、紫外線が強くなり台風などが増える夏がくる前に行った方が外壁の負担が大きくならずに済みます。また夏は業者の立場からしても他の季節に比べると不都合が起きやすい時期でもあります。具体的には台風や夕立など予測がしにくい急な悪天候により工事を一時中断しなければならない状況が発生しやすいです。また猛暑日などでは作業員が熱中症になる危険性が高く、その対策のため通常時と比べて夏場は水分補給や休憩をこまめに入れなければなりません。そういった面でも夏は作業がしにくい条件がそろいやすいです。冬も同様で積雪が多い地域だとそもそも工事ができない、もしくは除雪作業を完全に行った後雪が降らないタイミングを見て作業を行う必要があります。そのためあえて季節を選ぶとしたら夏や冬など天候の影響が出やすい時期ではなく、春秋などがおすすめです。春であれば夏の紫外線が強くなる前に、また台風がくる前のメンテナンスとしてもぴったりの季節です。梅雨に入る前にメンテナンスができればなおいいですね。

まとめ

イーライフでは経験豊富なアドバイザーが、専門的なこともわかりやすくご説明します。パックプランをご用意しているので、追加料金が発生する心配もありません。もし他社の見積もりがあればご持参ください。当社との見積もりの見比べやご相談にも対応可能ですので、是非お気軽にご連絡ください。