ブログ

防水工事の見積書、正しい見方とは? 騙されないために気を付けたいこと

お役立ちコラム

防水工事はその文字の通り、雨水などによる建物への浸水を防ぐために施す工事のことを指します。住宅や共同住宅では、バルコニーや屋根、屋上などに防水工事を行います。新築時の際は必ず防水工事を行いますが、それ以降も定期的なメンテナンスや台風などの災害時に急な修理が必要になることもあります。そんな時に知っておきたいのが見積書の正しい見方です。「専門用語が並び分かりにくいけどこんなものなのかな?」「他の業者と比べて一番安かったから値段だけで決めよう」などといった考え方は大変危険です。ここでは防水工事の見積書の正しい見方を身につけ、いざ必要になった際に活用できるよう危険な業者の見分け方を踏まえて解説していきます。

防水工事ってどんな工事?

防水工事には主に「ウレタン防水」「FRP防水」「シート防水」「アスファルト防水」の4種類が存在し、更に「密着工法」と「絶縁工法」という施工方法が存在します。これらの工事や工法は、施工する建物の構造、ベランダや屋上の形や面積、その他予算などの条件に合わせて必要な工事を行っていきます。こちらの工事・工法については別記事で詳しくご紹介しているので、是非そちらもご覧ください。
防水工事を行う場所は天候によって影響を受けやすい部分ですので、そのままにしておくと劣化します。そのため新築で防水工事を施した後も、10~15年のスパンを見てメンテナンスを行わなければなりません。建物への浸水やメンテナンス時期を大幅に見逃してしまうなどがあると、知らないうちに建物内部にダメージが蓄積されてしまい、気付いた時には当初の予定より大規模な工事が必要になってしまうなんてこともあります。中には放置することでカビが増殖してしまい、カビを吸い込むことでアレルギーなどを引き起こし健康被害につながる場合もあります。そのため普段から天井やクロスに雨漏りのシミや痕跡がないか、バルコニーの床に浮きや亀裂がないか、コケなどが発生していないかを普段から注意深くチェックし、被害が拡大する前にメンテナンスを行うことが大切です。

合わせて読みたい!
防水工事の工法は4種類! それぞれのメリット・デメリットは?
https://www.elife-home.net/column/bousuikouji/.html

防水工事で失敗しないためには、見積書の「見方」が重要!

いざ修理が必要になって業者に依頼するという段階になった時、何点か注意していただきたいことがあります。というのも、実はこういった専門的かつ大きな金額が動きやすい工事は詐欺による被害が多い傾向があります。屋根やベランダの構造などは業者から説明を受けても難しい言葉が多く「そんなものか」と思ってしまいがちです。また雨漏りなどの深刻な被害が発生している時は依頼側は「早くなんとかしないと」と焦ってしまっており、冷静に判断ができない場合もあります。詐欺を働く業者はそういった部分に上手くつけ込み、本来よりも多い金額を請求してきます。そういった被害に合わないためにも、契約をする前に見積書を確認し、冷静に判断する必要があるのです。

①見積もりは2~3社から貰い相場を知る

工事金額の相場を知るためには、複数社から見積もりをもらうのが一番手っ取り早いです。というのも、インターネットで防水工事の見積もりを検索しても、一般的な金額は分かるものの依頼したい建物の金額を算出するのは難しいからです。インターネットで検索した相場から1㎡あたりいくらだという事を算しても、自宅に行う防水工事の種類はなにか、住んでいる地域では資材の搬入にどのくらいかかるのか、工事車両が入れる敷地なのか、何人くらい必要になるのかなどはその工事によってさまざまです。例えば工事車両が入れないような敷地であれば人の手で運びますが、そうなると作業員の人数や工事日数、手運び運搬料などが追加でかかる可能性があります。そういった土地の特色までを考慮することはやはり難しいので、急ぎの場合は見積もりを複数社からとり相場を確認するのが一番確実です。また見積もりは最低でも2~3社とるようにし見比べるようにしましょう。

②異常に「安い」or「高い」は要注意

他の会社と見積もりを比べた際に、ある程度金額の上下はあるものかと思います。数千円から数万円程度の違いであれば、工事内容に納得していれば金額を重視して決めるのもいいと思います。しかし他社と比べて異常に安い、または高い場合の見積もりは要注意です。特に安すぎる場合は特に注意が必要です。本来行うべき工事内容が組み込まれていなかったり、契約後に追加料金を請求してくるなどの場合があります。「安いからここで!」と飛びついてしまう前に、「なぜ安いのか」「他の業者と違う項目はなにか」を確認するようにしてみてください。「追加料金一切請求しません」「見積もりの金額で工事を行います」といったことを公言している業者であれば、追加料金を請求してくることはまずありません。不安があれば「本当に追加料金が発生しないのか」「万が一追加料金が発生する時はどんな時か、その可能性があるか」をしっかり確認しておくと安心です。

③工事内容が詳細に記載されているか

一般的な防水工事の見積もりであれば、以下の内容が記載されています。

・仮説工事:屋根などの高所作業で必要になる足場など
・解体撤去工事:不要な既存の材料の解体・撤去費用
・下処理工事:高圧洗浄や下地の補修作業
・防水工事:屋根やバルコニーに合わせた工事や工法
・シーリング工事:シーリング材を使って隙間を埋める防水工事には欠かせない工事
・諸経費:人件費や荷下ろし代など

業者によって記載方法が異なる場合がありますが、ほとんどがこの工事内容に当てはまるため同じような言葉で記載されています。また更に詳細に記載している業者であればもっと項目が増え、中には材料などの詳細を記載している業者もあります。このように何にどのくらいの金額がかかっているのか、しっかり記載している業者ほど信頼度が上がります。逆に「防水工事一式」などと簡潔にまとめてしまっている業者は、不透明な見積もりであるといえます。後々材料が値上がりした、などといって請求金額を増やされてしまう可能性もあります。不透明な見積もりを出す業者には最初から依頼しない、またはしっかりとした記載をしてもらうなどの対処をしましょう。

④見積もりに対してきちんとした説明があるか

これは防水工事だけに限らずどの工事でも当てはまりますが、きちんとした業者であれば見積もり算出時に「どうしてこの工事内容を選んだのか」を分かりやすく説明してくれます。またその際に工事に関してリスクがあればその説明や、質問や疑問があれば納得するまで説明してくれます。間違っても押し売りなどをせず、依頼側に考える時間を与えてくれます。逆に見積もりの時点で契約を急かしてくる、きちんとしたフォローがないなどの業者は危険です。業者と対面した時にこういった対応の部分を見極め、その場で契約をせずに冷静に判断する時間をもらうようにしましょう。

まとめ

今回は防水工事の種類や、防水工事の見積書の見方についてご紹介してきました。いかがだったでしょうか。普段から業者を調べておくだけでも、万が一の際に落ち着いて行動でき安心ですよ。イーライフでは経験豊富なアドバイザーが、専門的なこともわかりやすくご説明します。パックプランをご用意しているので、追加料金が発生する心配もありません。もし他社の見積もりがあればご持参ください。当社との見積もりの見比べやご相談にも対応可能ですので、是非お気軽にご連絡ください。