ブログ

外壁の劣化を放置するとどうなる? 劣化のサインは自分で分かる?

お役立ちコラム

建物の外壁は建物をより魅力的にみせるだけではなく、雨風から建物内部を守るためにも大切な役割を果たしています。しかし外壁は天候の影響を受けやすい部分でもあるため、必ず劣化をしていくものです。そんな外壁の劣化サインを見逃してしまい放置してしまうと、時に大きな二次被害をまねく恐れもあります。外壁の劣化サインを見逃さないよう正しい知識を持ち、気付いた時にすぐに業者に修理依頼ができるとベストです。今回はそんな外壁の劣化サインの見極め方と、万が一放置してしまった場合に考えられる被害について解説していきます。

外壁は10年に1度のメンテナンスが必要

もともと住宅の外壁は10年以1度のメンテナンスが必要とされています。現在では様々な種類や機能を持つ外壁が誕生しており、中には10年以上耐久があるようなものもあります。また逆に10年たっていなくても、台風や豪雨が多いなどお住いの地域の天候状況などによっては劣化が進みやすい状況にある住宅もあり、推奨されているメンテナンス期間より早い段階で修理・修繕が必要になる場合もあります。そのため一概に「必ず10年に1度必要」とは言えません。ではどんな時に外壁のメンテナンスを考えればいいのでしょうか。大切なのは定期的に外壁を確認し、劣化のサインが出ていないかを見極めその都度必要な対処をとることです。施工会社がメンテナンスの案内をしてくれる場合もありますが、それまでは劣化のサインは意外と見落としがちです。「ただの外壁の汚れだろう」「今なんともないから大したことはないだろう」と放置してしまう方もいらっしゃいます。しかし自己判断してしまうのは大変危険です。お風呂のリフォームなど室内のリフォームやメンテナンスについてはよく耳にすることがあるかもしれませんが、同じように外壁にもメンテナンスが必要です。外壁の小さな劣化でも、放置してしまうことで徐々に被害が広がっていき、やがて大きな二次被害を引き起こす可能性があるためあなどれません。

外壁の劣化サインと発生する可能性のある被害とは?

外壁には定期的なメンテナンスが必要であるとお分かりいただけたかと思います。それでは実際に、自宅の外壁を見て「メンテナンスが必要なサインが出ているか」「外壁劣化のサインが出ているか」を確認してみましょう。ほとんどが目視で確認することができるため、特別な知識はいりません。天気のいい日に外に出て、さまざまな距離から外壁を観察してみてくださいね。またこれから解説する外壁の劣化サインがある場合は注意が必要です。内容によって緊急性が変わってきますが、建物に大きなダメージを与えてしまう前に業者に連絡し、修理を依頼することで建物の寿命も長くなります。

①ひび割れ(クラック)

外壁はクラックと呼ばれるひび割れが発生することがよくあります。原因は大きく分けると3つあり、ひとつ目は「乾燥によるもの」です。外壁にモルタルやコンクリートなど、主成分に水を含む外壁材を使用している場合、外壁が乾燥する事によってひび割れを引き起こすことがあります。ふたつ目に「経年劣化によるもの」です。外壁にサイディングを使用している場合、必ず等間隔にシーリングと呼ばれるつなぎ目がありますが、この部分が雨風の影響や紫外線により劣化してサイディング側にひび割れなどとして影響が及ぶこともあります。最後に「地震によるもの」です。地震の揺れに耐えきれなかった外壁材や目地からひび割れを引き起こすことがあります。

発生する可能性のある被害
そのまま放置してしまうと、外観の美しさが失われてしまうだけではなく、ひび割れ部分からの雨漏れやシロアリなどの害虫被害に発展する可能性があります。雨漏りは室内側にも天井やクロスのシミなどとして目に見えて分かる影響が及ぶ可能性もあり、高温多湿な夏の時期などにはカビの発生源にもなります。また害虫被害は建物内部が知らないうちに損害を受け、家の躯体に重大なダメージが及ぶことで家の安全性にも関係してきます。そのためひび割れが小さいからといっても放置してしまうのは大変危険です。

合わせて読みたい記事!
外壁にクラックが発生する原因とは? 見つけた場合どうすればいい?
https://www.elife-home.net/column/crack-2/.html

②チョーキング

チョーキングはその名前の通り、外壁の表面が劣化して手で触れると白いチョークを触ったかのように白い粉がつく現象のことです。白亜化などと呼ばれることもあります。チョーキングの主な原因は「経年劣化によるもの」です。塗料が天候の影響などを受け劣化してしまうことにより発生します。特に日当たりのいい場所は劣化が早く、日陰の場所に比べて早めにチョーキング現象が発生します。確かめるためにはまずは手で触り白い粉が手につくか確認しましょう。しかしこの場合、たまたま部分的な汚れがついているだけの可能性もあるため、最初に触った外壁部分から少し離れた外壁部分も触り同様に白い粉が手につくか確認してみてください。これで白い粉が手につくようであればほぼチョーキング現象で間違いありません。

発生する可能性のある被害
外壁トラブルの中ではこれといって緊急性が高いわけではありません。しかし放置し続けると、どんどん外壁の表面が剥がれていき防水性能などが落ち、建物内部に深刻なダメージを与えてしまいます。チョーキングが発生した際は外壁塗装などにより修理を行っていきますが、被害が内部まで及ぶと内部の修理費などもかさんでしまいます。緊急性が高くないといっても長年放置してしまうのは大変危険です。チョーキングもひとつの劣化のサインだと思って外壁のメンテナンス計画を考えるようにしましょう。

合わせて読みたい記事!
外壁の雨だれ跡は夏の日差しが原因? 季節の変わり目に検討したいメンテナンス

https://www.elife-home.net/column/mente/.html

③雨だれ跡

外壁を見た時に雨が流れ落ちてそのまま固まっているような黒っぽい液体を見た事はありませんか? そのままの見た目の通り雨だれ跡といい、雨で流れ落ちた外壁の汚れが固まる汚れのことをいいます。外壁の汚れの原因は様々ですが、雨以外にも排気ガスやチリなどのホコリなどを含むため簡単に汚れは落ちません。外壁により雨で汚れを流すような機能がついたものも存在しますが、ほとんどの場合「経年劣化」によって雨だれ跡が起きます。

発生する可能性のある被害
雨だれ跡が一度ついてしまうと、全体的な外観の良さが損なわれてしまいます。また外壁機能の劣化サインでもあるため、雨だれ跡が直接建物になにか影響を及ぼすわけではありませんが、外壁の性能が落ちているという目安にはなります。先ほど説明したひび割れなどにもつながる可能性があるため、ひとつの外壁劣化のサインとして捉えておきましょう。

④汚れ(サビ・コケ・カビ)

外壁は家全体に同じ素材を使っていても、向きや立地条件、外壁の素材などの周辺環境によって同じ家であっても外壁に発生する汚れの種類が違ってきます。外壁のサビは金属製の外壁材が経年劣化によって発生することが多いです。コケやカビは日当たりの悪い場所、じめじめした場所などに発生しやすくコケは緑色、カビは黒っぽい汚れになることが多いです。家の外壁をぐるっと一周するようにして確認することで発見することができます。普段目につきくい場所や日陰になっているところなども要注意です。

発生する可能性のある被害
これらの汚れを放置しておくと、外壁の劣化が進んでしまい雨漏れ被害や、室内側にカビが増殖する原因となります。これは汚れによって外壁の保護機能が失われるために起きてしまう被害です。カビなどは一度発生してしまうと目に見えない胞子などを飛ばして広範囲に拡散してしまい、また人体がカビの胞子などを吸い込んでしまうとアレルギー性の肺炎などを引き起こす可能性があります。

⑤塗装のふくれ

塗装が水膨れのようにふくらんでしまった状態を、外壁のふくれと呼びます。遠くから見てもぷっくりとしている様子が分かるため、すぐに見つけることができます。ふくれの原因は大きく分けて「経年劣化によるもの」と「施工不良によるもの」の2種類です。経年劣化が原因であるふくれは、天候の影響などを受け徐々に機能を失われた塗料から次第に外壁内部へ浸水をし、その湿気によって外壁が押し上げられふくらみとなって現れます。施工不良の場合は、下地の処理が不十分であったり、外壁材と塗料の相性が悪かったりなどの場合に十分に塗料が密着せず内部からふくれあがってしまうことがあります。施工する業者の腕による部分もありますので、外壁のメンテナンスなどは信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

発生する可能性のある被害
塗装のふくれを放置してしまうと、重大な雨漏り被害につながる可能性があります。ふくれは主に水分が内側に侵入することにより発生してしまうため、経年劣化などにより外部からの浸水経路を絶たない以上水が入り続けてしまいます。そのため放置すると建物内部の腐食やカビの発生につながる可能性があります。また外壁や下地材が傷む原因にもなり、被害が広がるほど修理も高額で大規模なものとなってしまいます。

外壁の劣化のサインを見つけたら、計画的なメンテナンスの計画を!

今回は外壁の劣化のサインと、放置する事で発生する可能性のある被害について解説をしてきました。いかがだったでしょうか。普段外壁をまじまじと見る機会は少ないと思いますが、洗濯物を干す際や庭のお手入れをする際など、外に出るタイミングでちょっと振り返って家の外壁を確認するだけでも十分です。毎日確認する必要はないので、台風や地震など建物に影響が出るような天災後や、週に一度確認するなど、日常生活の中にちょっとした確認する時間を設けるだけで外壁の異常にいち早く気付くことができます。万が一この記事で紹介してきたような外壁の劣化サインを見つけたら、余裕をもって業者に見積もり依頼をするようにしましょう。「次の外壁のメンテナンスにはまだ時間があるから」と放置してしまうのは大変危険です。外壁のメンテナンス推奨期間はあくまで推奨なので、外壁に修理が必要なサインが出ていることが分かれば、次のメンテナンスを待たずに修理を依頼した方が被害も最小限で費用も最小限に抑えることができます。また外壁のメンテナンスは高額になりやすい部分でもありますので、余裕をもって業者に見積もり依頼することで焦らず、冷静に判断することもできます。

まとめ

イーライフでは経験豊富なアドバイザーが、専門的なこともわかりやすくご説明します。パックプランをご用意しているので、追加料金が発生する心配もありません。もし他社の見積もりがあればご持参ください。当社との見積もりの見比べやご相談にも対応可能ですので、是非お気軽にご連絡ください。