防水工事/改修・修繕

定期的なメンテナンスで、大切な住まいを守ります

外壁・屋根・屋上・ベランダ、防水工事
様々な場所必要とされます。

建物の外観を変えるだけでなく、住宅の耐久性を高めるためにも必要な塗装工事、なかでも防水性を高める防水工事は、外壁・屋根・屋上・ベランダ、とあらゆる場所で必要になります。

防水工事では、一般的な塗装工事とは異なる塗料や工法が必要となりますが、住まいをトータルでサポートするイーライフホームでは、最先端の技術と製品、最適なプランを用い、長く快適に暮らせるお住まいをご提供いたします。

安心・安全で快適な暮らしには、お住いのメンテンスが必要不可欠です。

防水の必要性

木造部分だけでなく住宅に使われる
素材が水によって腐食するのを防ぐ
防水工事長持ちさせる為には必須です。

水は住宅を劣化させる大きな原因となります。
水の侵入により住宅を支える梁や柱が腐食したり、断熱材などの住宅の機能を高める素材も同じく腐食してしまいます。

このような症状は
出ていませんか?

雨漏り

雨漏り

屋根は紫外線や雨風によるダメージを1番に受ける箇所です。長年の経年劣化による色あせが原因で防水効果などが低下し結果的に建物内部に水が侵入しやすくなってしまいます。定期的な点検をおこなうことで、二次的被害を防げます

ひび割れ

ひび割れ

長年の経年劣化により、屋根材が脆くなってしまったために起こります。塗膜が紫外線を浴びて劣化すると、水を弾きにくくなり、水を吸収したスレートは膨らみます。そのまま乾燥すると耐えきれなくなり、ヒビが入ってしまいます。

防水層の膨れ

防水層の膨れ

屋根材の塗膜効果がなくなったことが原因によるもので、自然現象によって受けたダメージが影響している場合が多いです。剥がれ落ちた屋根材が残っている場合は、くっつけて補修することが可能なので比較的安い費用で対処できます。

雑草の発生

雑草の発生

日当たりの悪い面や、水はけの悪い面に起こる劣化症状です。経年劣化によって塗膜が剥がれた箇所に繁殖し始める傾向にあります。つまり、屋根の防水性が低下しているというサインです。バイオ洗浄などにより、繁殖を抑えれます。

目地の破損

目地の破損

割れや欠けなどの破損にはさまざなな理由があります。長い年月が経過したことによる経年劣化、台風、雪、雹などの自然現象によるダメージ、水分の凍結による凍害などがあげられます。屋根の定期点検はかかさずおこなってください。

お見積り・ご相談無料

通話料無料 / フリーダイヤル

24時間365日、いつでも無料相談受付中

フリーダイヤル0120-452-555

防水工事の種類

ウレタン防水ウレタン防水

ウレタン防水は塗装を行うことによる防水工法です。下地の形状に馴染みやすく、水密性の高い連続皮膜が得られるため、屋上をはじめとした各種部位への防水に適しています。

FRP防水FRP防水

FRP防水は、ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませて、強化した防水膜(FRP:繊維強化プラスチックス)を使用しているため、防水工事の中でも軽量で非常に優れた耐久性を持っています。

シート防水シート防水

伸縮性のあるシーとを使うため、建物の構造を選ばず施工ができ、軽量であるためにコストも安価です。約12~15年という比較的長い耐久年数を持っていますが、シート自体が薄いため衝撃に弱くなってしまいます。

防水素材の種類と特徴

防水工事の施工事例