ブログ

外壁塗装の適正価格を知りたい!見積もりはなにを基準に判断すべき?

お役立ちコラム

外壁の色があせてきた、外壁の色を新しくしたい・・・そんな時に軽い気持ちで見積もりを取ってみたら、3桁以上の見積もりが届いてびっくりした! そんな経験はございませんか? 初めて見積もり依頼したという方であれば「もしかして詐欺なのでは?」「これは本当に適正価格なの?」と不安になってしまいますよね。今回はそんな外壁塗装の見積もりに不安を感じている方や、適正価格を知りたいという方にむけて解説をしていきます。

外壁塗装の相場と、見積もりに含まれている内容は?

住宅の立地環境や面積に応じて金額は変動しますが、ここでは日本の一般的な戸建て住宅の大きさだと言われている30坪(約100㎡)での相場について一緒に確認していきましょう。外壁塗装には予算やデザインの好みに応じて塗料を選んでいくことになります。そのため塗料によっては㎡単価が2倍以上高くなることもありますが、30坪であれば90万円~120万円が相場となります。10坪ごとの変動でおおよそ20~30万円ずつ金額が変わっていきますので、ご自宅の大きさに合わせて概算してみましょう。しかし「90万円~120万円が相場」と言われてもあまりピンとこないかと思います。金額がなぜ大きく上下するのか、なぜそんなに高額になるのか、費用にはなにが含まれているのか・・・気になりますよね。見積もりの内容についてもしっかり解説していきますので、金額の内訳も知りたいという方は是非参考にしてくださいね。

見積もりの内訳

見積もりの記載方法は、全く同じですという業者はありません。その業者によって見積もりの記載方法や、どこまで記載するかなどは違いがあります。しかしほとんどの業者は、「材料費」「足場代」「人件費などの諸経費」の3つを記載しているかと思います。また一般的に顧客向けの見積もりに記載しない内容は「業者の利益」「管理費」などです。これは隠れた数字であるため正確な数字を見積もりから判断することはできませんが、それぞれの内訳は以下の通りです。

▶見積書に書いてある費用の内訳
材料費:約30%
足場代:約20%
人件費:約30%

▶見積もりに書いてない費用の内訳
業者の利益:約10%
管理費:約10~15%

これらはおおよその目安であって、自社施工などの場合は人件費が安くなることもありますし、材料費も独自のルートで入手している場合は安くなることもあります。選ぶ塗料のグレードでもちろん金額も変わってきますので、目安の数字として参考にしてくださいね。

高額になる理由

ではなぜ外壁塗装がこれほどまでに高いのか、という点ですが、その理由は高所作業に伴う足場代にあります。足場代だけでも20~30万円ほどかかります。足場は外壁塗装屋が持っているのではなく、専門の足場屋さんに足場の発注を依頼します。そのため外壁塗装屋と足場屋での中間マージン料が発生し、高額になってしまうという仕組みです。足場は高所作業による危険から業者を守ってくれる大切な役割がありますので、必ず高所作業の工事には必要になります。どうしても足場代を安くしたいという方は、外壁塗装業者で足場も自社で管理しているというところを探すこともおすすめですよ。しかしそうした業者は限られていますので、ご希望の地域で対応していないこともあることも頭に入れておきましょう。

相場よりも見積もりが高くなるのはどんな時?


実は外壁塗装は条件によっては更に高額になることもあります。いざ実際に見積もり依頼したら、費用相場より大きく上回った見積もりがきた・・・なんてケースもよくあります。予め相場よりも高くなるケースを知っておくことで、相場よりも高くてもなぜ高くなるのかなのかを理解でき、適正価格であるかどうかを判断することができます。見積もりを依頼してびっくりしてしまわないように、どんな時に見積もりが高くなるのを事前に予習しておきましょう。

狭い路地に車を停める必要がある時

住宅地などではよく見かける狭い道路ですが、工事車両の乗り入れに伴い対向車のすれ違いに不便が生じる場合、道路使用許可の申請だけではなく交通誘導員を配置しなければいけない時があります。道路使用許可は警察署に申請し、東京都の場合高くても2,700円です。しかし申請するにあたって詳しい図面やその他書類などの作成が必要になり、作成時にかかる費用が30,000円~60,000円と高額な費用が発生します。この費用は工事の規模や請け負う業者によって変わってきます。原則住宅敷地内に工事車両を停めることができない場合、道路使用許可を申請する必要がありますが、実際のところは広い道路の場合は黙認されているケースも多いです。住宅敷地内に工事車両を停める=自家用車1台分のスペースがあればいい、と思われがちですが、工事車両は大きく幅を取るため、1台分のスペースでは足りないことがほとんどです。また工事車両の駐車スペースのほかに、工事車両に積み込まれている分の荷物を置くスペースが必ず必要となるため、特に都市部の住宅密集地などでは敷地内におさまらず工事車両を路駐るケースが多いです。依頼する業者がどのような対応をとるのか、申請費用で追加になる金額はどのくらいか、予め聞いておくと安心です。

手作業での運搬が必要になった時

道路と住宅が細い敷地などでつながれており、道路からの距離があるなどの場合は、道路から住宅までの運搬が手作業になります。こうした土地は日本では珍しくなく、一般的には敷地延長地などと呼ばれます。住宅を建てる土地は必ず道路と接している必要がありますが、住宅が建ってから周辺の土地整理が行われた、もともとの土地が入り組んでいる、分割された土地を買ったなどの場合はこうした敷地延長地が発生することがあります。こうした敷地延長地の長さや必要となる足場などに比例して、手作業運搬費用が発生し高くなります。場合によっては人員が足りず、1~2名の人件費が増えることもあります。路地に工事車両を横づけできる土地であれば問題ありませんが、そうではない場合更に手作業運搬費用がかかると思っておくようにしましょう。

外壁塗料をグレードのいい塗料にした時

外壁塗料をグレードのいい塗料にした場合、塗料のグレードに応じて材料費が高くなります。一般的に機能性があり耐用年数が長いものほど高くなる傾向にありますが、金額で見るとその差は㎡あたり5,000円ほどの違いがでることもあります。そのため予算があるという方であれば、塗料のグレードを高すぎないもので設定するなどの工夫が必要です。

雨漏りなどによる下地補修が必要になった時

雨漏りといえば屋根からの雨漏りをイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし外壁からの雨漏りも意外に多く、また発見が難しい部分でもあります。そのため外壁塗装を行うときに初めて雨漏りに気付いた、といったケースもよく見受けられます。外壁によって傷んだ部分は取り除かなければ、木材の腐敗やカビなどが広範囲に広がる可能性があり、上から新しく塗装をすればいいというわけでもありません。そのため雨漏りをした部分をしっかり補修し、被害が拡大しないようにしなければなりません。雨漏りの度合いにもよりますが、補修費用は5万~30万と工事内容によりバラつきがあります。外壁にひび割れがある、コケが生えているなど外壁に劣化症状が認められる場合は、雨漏りが起きている可能性も高くなります。外壁の劣化症状については以下の記事で詳しく解説をしていますので、是非参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事!
外壁の劣化を放置するとどうなる? 劣化のサインは自分で分かる?
https://www.elife-home.net/column/rekka/.html

3階建ての住宅の外壁塗装を依頼した時

住宅密集地などは延べ面積を確保するために、3階建ての住宅にしているという方はめずらしくありません。しかし3階建ての場合は2階建てと塗装面積が同程度の場合でも、足場を更に高く組む必要があるなどの理由で費用が高くなることが多いです。3階建て30坪の場合ですと、100万円以上かかることがほとんどです。大体が100万~150万円の費用で落ち着きますが、2階建てよりも平均して費用が高くなるため注意が必要です。

高額な工事につけ込む悪徳業者には注意!

ここまで読んでいただいた方であれば、「外壁塗装が高くなることは普通なんだ」と思われたかと思います。そのため予算も多めに組んで見積もり依頼をされるのではないかと思いますが、外壁塗装をしたいと考えている消費者を狙っている悪徳業者は一定数います。高額になりやすい外壁塗装では、多少高い請求をしても警戒されにくいということがあり、悪徳業者の狙いやすい工事部類です。高額な費用を請求しておいて実は手抜き工事をしている、補修が必要な場所に補修を行わない、業者の利益分を不当に高額上乗せしている・・・など、その手口や手法はさまざまです。こうした悪徳業者に騙されないためには、見積もりを依頼する前に業者を自分で見極めることが大切です。外壁塗装を依頼したいと考えている方は、以下にご紹介する業者選びのポイントを依頼する前に確認するようにしましょう。

業者は自分で選び訪問業者は断る

年々増加している訪問業者による詐欺被害は、外壁塗装でも起きていることです。「近隣で工事をしていたらお宅の外壁の劣化を見つけた」「このままでは危険」などと言って、その場で契約をさせようとしてきます。こうした訪問業者は高確率で悪徳業者ですので、断るようにしましょう。またその時にタイミングよく外壁塗装を検討していたとしても、訪問してきた業者と契約するのは避けましょう。悪徳業者は少し古くなってきた外壁を見て判断し、声をかけてきます。ただのチリによる汚れなのにサビていて危険、などと言ってくるケースもあります。

業者の保有資格を確認する

外壁塗装は「何が上手くて何が下手なのか」を業者以外の消費者が見抜くのは非常に難しいです。初めて依頼する業者であれば、業者の現場作業員が保有している資格を確認しておくと安心です。資格があるということは、一定の知識と技術力があることを認められている証拠でもありますので、安心してお願いすることができます。外壁塗装も塗料が塗られていないところが発生してしまったり、コーキングが不十分だと、そうした隙間から雨漏りがしやすくなります。雨漏りが一度発生してしまうと高額な修理費用が必要になることもありますので、業者の施工技術は非常に大切です。

合わせて読みたい記事!
外壁塗装に資格は必要? 依頼する前に一度確認を!
https://www.elife-home.net/column/sikaku-2.html

理由なく適正価格から10%以上離れている場合は注意する

外壁塗装の費用感や例外として金額が高くなるケースについて解説してまいりましたが、中には納得できる理由もなく「安すぎる」もしくは「高すぎる」ケースがあります。安すぎるというのは消費者にとって嬉しい言葉でもありますが、材料や人件費などは絶対発生する必要経費ですので、どの業者においても安さの限界金額はあります。それにも関わらず他と比べて異様に破格の金額を提示してくる、「特別に半額割引」などといって大幅な値下げによって契約を交渉してくるといった業者は注意が必要です。安すぎる業者の場合、手抜き工事もしくは契約後に追加工事で高額な工事費用を請求してくる可能性があります。逆に高すぎる場合は、単純に利益の上乗せ分がお大きい、中間に入る業者が外注工事が多く費用が高くなっている可能性が考えられます。この場合も消費者にとっていいことはありませんので、選択肢から外してもいい業者です。なにが安すぎるのか、高すぎるのかについてですが、適正価格から10%離れていることを目安にして見積もりを確認するようにしましょう。

まとめ

イーライフでは経験豊富なアドバイザーが、専門的なこともわかりやすくご説明します。パックプランをご用意しているので、追加料金が発生する心配もありません。もし他社の見積もりがあればご持参ください。当社との見積もりの見比べやご相談にも対応可能ですので、是非お気軽にご連絡ください。